<cite id="phzpz"></cite>
<cite id="phzpz"><video id="phzpz"></video></cite>
<var id="phzpz"></var>
<cite id="phzpz"></cite>
<var id="phzpz"></var>
<var id="phzpz"><video id="phzpz"></video></var><cite id="phzpz"><video id="phzpz"></video></cite>
<menuitem id="phzpz"><strike id="phzpz"><thead id="phzpz"></thead></strike></menuitem>
<var id="phzpz"></var>
<var id="phzpz"></var>
<var id="phzpz"><video id="phzpz"></video></var>

ユニディカンパニーは、DIY型ホームセンターの「ホームセンター ユニデ?!?、
工具?金物の専門店「ユニハードウェア」、クラフト?畫材?文具の店「ユニアート」を展開しています。

家の外のリフォーム フェンス

フェンス

  • 目隠しフェンス
  • 目隠しフェンス
  • 境界フェンス
  • 目隠しフェンス
  • 目隠しフェンス
  • 目隠しフェンス
  • 境界フェンス
  • 目隠しフェンス
気になる視線を遮りプライバシーを守ります。

フェンスは家の敷地の外と內を仕切るための重要なエクステリアです。
フェンスのデザインや色調によって住宅全體の印象が変わります。
用途に會った製品を選びましょう。

■プライバシーを守りたい
目隠し効果を持つフェンスを設置することで、隣家や道路からのプライバシーを守ることができます。
ルーバータイプのように通風機能をもったものや、すりガラスのような光を透過する採光タイプもあります。

■音や風を遮りたい
目の比較的詰まったデザインのフェンスを設置することで、音や風を遮る効果が期待できます。
風がよくあたる場所に設置するとき、補強が必要な場合がありますので、ご注意ください。

■植物を絡ませてグリーンフェンスを作りたい
メッシュタイプのフェンスを設置し、植物を絡ませたり、ハンギングなどで植木鉢と一緒に飾り付けすることで見た目にもエコなオリジナルフェンスにすることもできます。

Point

フェンスの高さ選びにご注意!。
掃出し窓の高さから視線を遮りたい場合は、リビングで立っている時の視線が隠れるように地面から視線までの高さで選ぶようにしましょう。

概算工事価格

詳細はお問い合わせください

よくある質問、リフォームQ&A

Q.どんなフェンスの種類がありますか?
A.大きく分けて4種類あります。

①アルミ鋳物フェンス
 溶かしたアルミを型に流し込んで形成。(中もアルミ)
 曲線を生かしたデザインも可。

②木樹脂フェンス
 耐光性のある木粉入り樹脂を採用。
 いわゆる人工木。

③アルミ形材フェンス
 溶かしたアルミを押し出して形成。(中は空洞)
 直線を基調としたデザイン。

④スチールフェンス
 スチール線材の上にビニールでコーティング。
 別名ネットフェンス。

まとめ 目的やご予算によってお選びください。(和風の竹垣調のフェンスもございます。)
Q.高いところに落下防止の為、フェンスを設置することはできますか?
A.フェンスは、隣地境界を目的とするものです。
高所への落下防止には防護柵を設置してください。
Q.背の高いフェンスや、傾斜地へのフェンスを設置したいのですが。
A.各メーカーのラインナップからご提案することができます。
ただし、建築基準法でブロック塀は2.2m以下という規則がありますので、ご注意ください。
傾斜地用のフェンスもございますので、お気軽にご相談ください。
  • 目隠しフェンス
  • 目隠しフェンス
  • 境界フェンス
  • 目隠しフェンス
  • 目隠しフェンス
  • 目隠しフェンス
  • 境界フェンス
  • 目隠しフェンス
国产丝袜在线精品丝袜不卡,337P日本欧洲亚洲大胆张筱雨,好黄好硬好爽免费视频,欧美人妻AⅤ中文字幕
<cite id="phzpz"></cite>
<cite id="phzpz"><video id="phzpz"></video></cite>
<var id="phzpz"></var>
<cite id="phzpz"></cite>
<var id="phzpz"></var>
<var id="phzpz"><video id="phzpz"></video></var><cite id="phzpz"><video id="phzpz"></video></cite>
<menuitem id="phzpz"><strike id="phzpz"><thead id="phzpz"></thead></strike></menuitem>
<var id="phzpz"></var>
<var id="phzpz"></var>
<var id="phzpz"><video id="phzpz"></video></var>